Top > 育児 > 離乳食の初期から中期にかけての注意点

離乳食の初期から中期にかけての注意点

一般的に離乳食をスタートする時期は5ヶ月以降となりますが、赤ちゃんによってはその時期が前後しますのでその時期が赤ちゃんにとって最適なタイミングであるかどうか見極めなければなりません。

 

赤ちゃんがまだミルク以外の食事に興味を示していないようであれば、5ヶ月をすぎてもあせることはありませんが、あらかじめ献立や食器などを用意しておくのも良いでしょう。

 

離乳食でたくさんの栄養を与えなければならないと思っている方も多いようですが、まずは口に食べ物を入れる練習からはじめて、少しずつ色々な味を体験させてあげるようにして、慣れることからはじめましょう。

 

とくに離乳食初期は味付けにこだわらず、かなり薄味か全く味付けをしないで食感に慣れさせたり、素材の味を覚える練習という段階と考えても良いでしょう。

 

また、赤ちゃんの胃や腸などの内臓器官は発達途中で、いっぺんに沢山の食事を消化することは難しいため小さいスプーンで時間をかけてあげるようにしましょう。

 

また、せっかく用意した食事を赤ちゃんが日によって食べないなど、一進一退を繰り返すのが離乳食初期の特徴といえるのですが、離乳食初期の注意点として、アレルギーに反応しやすい時期ですから、あれこれ品数を増やすとアレルギーを発症した際に原因が特定できませんので、一品ずつ与える様にしたほうが懸命です。

 

離乳食で赤ちゃんが具合を悪くする事も考えられるため、食事はなるべく小児科が開いている時間の数時間前に済ませておくと、万が一何かあっても安心です。

離乳食をスタートして中期に差し掛かると、少しずつ赤ちゃんも食べ物に慣れてきて色々な物を食べられるようになってくるため、与える方もあれもこれも、となりがちですが初期と同様、一品ずつ問題なく食べられるか確認して品数は増やして行きましょう。

 

離乳食中期の食事量は、約70グラム程度ですが、赤ちゃんによって加減していくこと、また、1日2回、決まった時間に離乳食をあげるようにすると、離乳食を食べるという事を赤ちゃんも覚えていきます。

 

また離乳食中期の時期になると、少しずつ歯が生えてくるため、食事の後は歯磨きをするようにしてください。

 

だんだん唇をしっかりと閉じて、口からこぼさずに飲み込める様になってきたころが離乳食中期のサインですが、全て裏ごしや10倍粥などにしていた物を、プリンや豆腐の固さで指でつまむとぽろっと潰れるくらいを目安に、少しずつ食材をペースト状から粒状の割合を増やすことで、舌や歯のトレーニングになるため、より細かく口内で押しつぶす事ができるようになっていきます。

 

離乳食中期の味付けですが、やはり薄味が基本となり、味付けはごく薄くするか、全く味がない物でも構いません。

 

注意点としては、卵、牛乳はアレルギーを引き起こし易いですから、初期から中期にかけては避けておいた方が懸命です。

 

日によって離乳食を全部飲み込まない日などあるかもしれませんが、しっかり一口ずつ飲み込む練習に戻ったりして、赤ちゃんの様子を見ながら与えてあげましょう。子供の青汁は無添加がおすすめ

 

育児

関連エントリー
離乳食の初期から中期にかけての注意点子供の体調が悪い時の対処法